GPS持ってどっか行こ。

Let's go somewhere with GPS.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2010/8/14 濃霧の美濃橋~千疋橋ダウンリバー


焼岳リベンジを果たした次の日、美濃橋~鮎の瀬~千疋橋をダウンリバーしました。

折からの台風の影響で、水位もいつもよりも70~80センチ高く、さらになんといっても霧が濃く、かなりスリリングなダウンリバーでした。


曇り空にもかかわらず、美濃橋は駐車スペースもないほどの大混雑
P8147299.jpg

今回は、IHさん、IJさん、そしてボクという、ちょっと心配なパーティでした!
P8147322.jpg

美濃橋にはUさん、NZさんが初めての方にプチレッスンされてました。
P8147309.jpg

いつもの灯台もこんなにぼんやりかすんじゃってます。
P8147318.jpg

さ、それでは出発しますか。
P8147315.jpg

                           その2に続きます。

スポンサーサイト

PageTop

2010/8/12 名古屋でみそかつ


名古屋に行ってきました。

栄のオアシス21です。
送信者 20100812名古屋


その後、矢場とんへ
送信者 20100812名古屋

栄セントライズ店の外観

おおっ! みそかつ! 安いけどイチバン好きなロースにしました!
送信者 20100812名古屋


このあと、IBSイシイスポーツの名古屋店をブラブラし、マウンテンハードウエアのトレッキングパンツをゲット、短かったけど楽しいひとときでした!

PageTop

2010/8/13 焼岳リベンジ その3 ラスト 下山編

前回のあらすじ
前回、登頂できずに下山した悔しさから、焼岳に再チャレンジ。
今回は見事登頂を果たしました!
でもあいにくのガスで眺望はほとんど楽しめず…
DSC_0916.jpg


本当に一瞬だけ、ガスの切れ間から池が見えました。
DSC_0924.jpg

このゴツゴツ感が焼岳の魅力でしょうか。
DSC_0928.jpg

 10:49 そろそろ下山しますか。
DSC_0941.jpg

10:57 あれ? 振り返ってみるとなんか青空が出てる!
DSC_0955.jpg

おもしろい模様のテントウムシ発見!
DSC_0969.jpg

11:07 帰りは行き以上にいいペースで進み、
DSC_0962.jpg

11:57 あっという間に中ノ湯新道分岐
DSC_0990.jpg 

12:03 さらば焼岳。今度は晴れた日にまた来るよ。
DSC_0994.jpg

その後も快調にすすみ、

13:24 無事下山しました~。
DSC_1025.jpg

ということで、見事リベンジを果たしました!

ただ、ガスが出ていて視界がよくなかったところだけが心残りでした。

でも山頂付近の、いかにも火山活動してます!って感じに大コーフン!


ぜひムスコらにも見せてやりたいと思いつつ、今回の焼岳リベンジ編は終了です~。

PageTop

2010/8/13 焼岳リベンジ その2

前回のあらすじ
8月13日お盆のまっただなか、再び焼岳に向かいました。8月2日に道を間違え登頂できなかったリベンジです。
母と母の友達Yさんとボクというまさに珍道中でした。


9:25 稜線までもうちょっと!
DSC_0884.jpg
マイGPSによると標高2342メートル

9:39 稜線に出ました!
DSC_0888.jpg
マイGPSによると標高2447メートル 

おおっ! 硫黄で黄色くなっている!!
DSC_0904.jpg
画像ではよく分かりませんが、ゴーゴーいって噴煙を上げていましたよ。

9:51 最後の岩場を登れば、
DSC_0908.jpg

9:56 スタートから3時間15分で念願の焼岳北峰登頂成功!! 
DSC_0913.jpg
恥ずかしいのでちょっと小さい画像です。
マイGPSによると標高2487メートル

よかったよかった。これで夜ぐっすり眠れそうです。

                   焼岳リベンジ編 その3に続きます。

PageTop

2010/8/13 焼岳リベンジ その1

そうなんです。
DSC_0916.jpg
ガスで眺望ゼロの焼岳山頂

前回の道を間違えミスがあまりに悔しく、居ても立ってもいられなかったので、行っちゃいました。
焼岳リベンジです。

道を間違えたのが8月2日ですから、10日余りでリベンジしに行ったことになりますね。
悔しさのほどを分かってもらえたら、と思います。

時期的には、学童デイキャンプやiphone買った後、ナゴヤドームの前ということになりますか。
ちょっと記事が前後してますね。


さすがに今回はムスコA(小3の三男)にもフラれ、ひとりで行こうかなぁと思っていたときに、山好きの母に声をかけたところ、二つ返事で「行く」と。
しかも、「友達も一緒に」と。

というわけで、40過ぎ男とその母、母の友達Yさんという、よく分からないパーティで行くことになりました。


実家を未明に出発し、

6:20ごろ 中ノ湯新道登山到着~。
DSC_0848.jpg
お盆ということもあり、前回よりもかなり多くの車が停められていました。
ウチらがいったときには駐車場は満杯、仕方がないので反対側の路肩に停めておきました。

6:40 登山開始~
DSC_0847.jpg
マイGPSによると標高1624メートル。なかなか正確なのでは?

前回も思ったんですが、ここって、登山届け出すところがないんですよね~。

8:10 登り始めて1時間半で樹林帯を抜け、ちょっと視界が開けてきました。
DSC_0854.jpg
マイGPSによると標高2064メートル。

8:36 残念ながらガスで視界は悪いなぁ…。
DSC_0866.jpg
マイGPSによると2173メートル


そしてしばらく歩くと、前回道を間違えた場所にさしかかりました。


そしたら!





続きを読む

PageTop

2010/8/8 学童デイキャンプ@朝明茶屋キャンプ場

ムスコT(小5の次男)とムスコA(小3の三男)が所属する学童保育のデイキャンプに行ってきました! 

ムスコR(中3の長男)が在籍していたころには、泊まりのキャンプがありました。
が、中心になってやってくれていた人が引退され、キャンプは無くなってしまっていました。
なんとかデイキャンプでもやってあげられないかという会長の思いで実現しました。

ということで、数年ぶりの学童キャンプです!

より大きな地図で 朝明茶屋キャンプ場 を表示
 

まずは焼き杉細工に挑戦です。
P8087010.jpg

続いてマスのつかみ取り!
P8087078.jpg

捕ったマスは、もちろんおいしくいただきました。
P8087150.jpg

BBQの後は、お待ちかね、川遊びです!
P8087156.jpg

帽子にゴーグルというドラゴンズの山井みたいなのはムスコTですねぇ。
P8087161.jpg

準備段階では、いつ「あんたアウトドア派やろ」と言われ、どーっさり仕事を頼まれるかとヒヤヒヤしていました。
ですが、なんせボクは現実逃避型のアウトドア派(←このコトバ、抵抗ありませんか?)なので、こんなお子さま(○ソガ○とも言う)たちの面倒を見るなんて、もう勘弁してくださいって感じでした。

それでもマスのつかみ取りと水遊びだけは担当させてもらいましたよ。
実はボク、運営委員だったりするので、最低限の仕事はさせてもらわないとね~。
ただ率先して水に入っていただけですけどね~。

                     学童デイキャンプ編は以上で~す。

PageTop

iphone買っちゃった…。

ドコモからソフトバンクに乗り換えるだけのつもりが、iphoneを買ってしまいました。
P8076991.jpg

ドアラのアプリ(メモを壁紙にしてみました)と簡易防水ケース(ただのジップロックとも言う)。

なんせ前のケータイは、かえてから2週間で水没させてしまいましたので、用心のためです。

あ、ボクの名前は「和田」ではありませんよ。
ドラゴンズの和田選手(背番号5)のファンというだけです。
あの輝きが好きなんです!

PageTop

2010/8/17 ナゴヤドームで巨人戦

ナゴヤドーム巨人戦を見に行ってきました。

試合前の時点で、2位のジャイアンツに2.5ゲーム差(首位阪神ジャイアンツのゲーム差はなし)。
なんとか勝って、差を詰めたい、できればひっくり返したいモノです!

16時前にナゴヤドームに到着~。
IMG_0056.jpg
水平がとれてない…。

さ、行きますか。
IMG_0057.jpg

ナンバーTシャツは、去年と今年の森野です。
IMG_0070.jpg
左がムスコT(小5の次男)、右がムスコA(小3の三男)です。

あ、そうそう、今回の野球観戦は、このふたりの誕生日プレゼントの一環だったりします。
ふたりとも8月生まれなんです。

センターバックスクリーンすぐ横の座席でした。
IMG_0076.jpg
最後列だったので、後ろの人に気兼ねすることなく、立って応援することができました!

結果は、

復帰したばかりのブランコの特大3ランホームランとチェンの好投で圧勝!
IMG_0082.jpg
3連戦の最初を白星で飾りました!

夜のナゴヤドームもきれいですね~。
IMG_0084.jpg

以上でナゴヤドーム巨人線編、終了です~。

PageTop

2010/8/3 西穂独標 新穂高の湯編

焼岳へ行ってからロープウェイ利用で西穂山荘で一泊、西穂高独標を往復したあと、ちょっと早かったので、帰りに新穂高の湯へ行ってきました。

看板があってすぐ分かります。
P8036970.jpg
駐車場は、近くにあって利用しやすいです。

この川の岸に
P8036972.jpg

こんな感じで温泉があります!
P8036980.jpg

まずは川で遊びました!
P8036974.jpg
マスクとシュノーケルは、車に常備してあるんです!

でも水着がなかったので、パンツで入っちゃいました!
P8036976.jpg
見てください、この透明度!

寒くなったら、すかさず温まれます。
P8036979.jpg

平日の昼間だったのですが、夏休みということもあってかお客さんも多く、メインのお風呂の写真を撮るのは自粛しました。
あ、そっちはもちろんハダカで入りましたよ。
お湯はぬるめで、長~いこと入っていられます。

女性は、水着がないとちょっとキビシイかなぁ。男女別の更衣室があるんですが、おふろそのものは橋の上からでも丸見えですからね~。


ということで、一連の焼岳、西穂高独標編はこれにて終了で~す。


PageTop

2010/8/3 西穂独標 その3

前回までのあらすじ
 焼岳で道を間違えて登頂を断念
  ↓
 いったん下山し、新穂高ロープウェイ利用で西穂山荘で一泊
  ↓
 翌日の早朝、西穂独標へ!
  ↓
 西穂独標を満喫
  ↓
 ボクはピラミッドピークまで行きたかったけど、ムスコAが拒否!
  ↓
 しかたがない、帰りますか。  ←いまここ


8:50に下り始めて。
9:00にはもうここ。
DSC_0765.jpg

帰り道も気をつけて行こう!
DSC_0766.jpg

ヤッホーをすると、おもしろいほどこだましました!
DSC_0776.jpg

9:44 丸山まで戻ってきました。
DSC_0780.jpg

9:54 西穂山荘もすぐそこ。
DSC_0796.jpg

西穂山荘で一時間ほど休んだり、お土産を買ったりしたあと、

10:55 ロープウェイに向けて出発じゃ~。
DSC_0809.jpg
地図によると標高2338メートル

11:09 まだヤッホーしてる…。
DSC_0812.jpg
でもやはり樹林帯がジャマするのか、さっきほどは響きませんでした。

木と石で作られたケルンを通過し、
DSC_0823.jpg

11:45 あっという間に登山口に到着~。
DSC_0832.jpg
所用時間50分。速かったですね~。

そのあとすぐ、ロープウェイに到着~。
DSC_0835.jpg

ということで今回の山行は、この辺で終了で~す。

できればピラミッドピークまで行きたかったなぁ。
でもムスコA、けっこう歩いたなぁ。

                   次回は、番外編、新穂高の湯編です~。

 

PageTop

2010/8/3 西穂独標 その2

前回のあらすじ
朝イチで西穂山荘を出発し、独標に向かいました。
岩場を上りつめ、一時間強で独標に登頂成功!!


目の前にはピラミッドピーク奥穂吊尾根前穂が大迫力!DSC_0718.jpg


振り返ると丸山~西穂山荘~焼岳が。
DSC_0716.jpg

西には笠ヶ岳。
DSC_0749.jpg

東の下を見ると上高地が。  
DSC_0743.jpg

我に返ってふと近くを見渡すと、
こんなにたくさんの人がいました。 
DSC_0739.jpg

たまたま持ってた双眼鏡で奥穂方面を見つめるムスコA(小3の三男)
DSC_0752.jpg

今度は上高地方面でも見下ろしているのかな?
DSC_0754.jpg

十分に景色を楽しんだあと、さっきたらふく朝食を食べたばかりなのにパンやらお菓子やらを食べました。
そして結局、独標山頂には小一時間ほど滞在しました。

この時点で午前8:30、ついに核心の質問をムスコAに。
「まだまだ早いで、あそこのピラミッドピークまで行ってみよっか。」

そしたら、「いや。」と即答されてしまいました…。


                        次回その3下山編で~す。

PageTop

2010/8/3 西穂独標 その1

焼岳で道を間違えて登頂を断念
  ↓
いったん下山し、新穂高ロープウェイ利用で西穂山荘で一泊
  ↓
さぁ、西穂独標へ! ←いまここ


というわけで、西穂山荘で一晩過ごしたあと、西穂独標に向かいました。
できればピラミッドピークまで、と思って出発しましたが、今回はムスコA(小3の三男)と一緒。しかも焼岳では道を間違えるという痛恨のミス、これ以上無理は言えないだろうということで、とりあえず独標を目指します!


西穂山荘の朝 6:00
DSC_0642.jpg
朝食(5:30~)の時間まで曇っていたのに、もうすっかりいい天気になっちゃいました!
マイGPSによると標高2424メートル、公式には標高2385メートル

6:46 
さぁ、出発です!
今回は、そう、ムスコAはほぼ手ブラ! マップケースのみ!
DSC_0653.jpg
「せめて自分のおやつと水と雨具ぐらいは」と言って持たせると、すぐバテるんですよね~。


西穂山荘の向こうに焼岳が。
DSC_0659.jpg
昨日の悔しさが思い出されます…。

7:00すぎ
あっという間に丸山に到着~。
こんなに近かったっけ?
DSC_0677.jpg
丸山から独標ピラミッドピークを望む。ちょうど朝日が差していました。


丸山から先は未知の世界。期待に胸が高鳴ります。

7:37
やっぱり丸山までとは違いますね…。気をつけて進まねば。
DSC_0697.jpg
マイGPSによると標高2698メートル

上高地もハッキリ見えていました!
DSC_0703.jpg

三点確保で慎重に登ります。
DSC_0710.jpg

7:46
よし、あれを登りきったら独標だ!DSC_0711.jpg
マイGPSによると標高2716メートル 

このあと、ちょっとボクも写真を撮る余裕がなく、岩場を登ること10分、

ついに!

続きを読む

PageTop

2010/8/2 西穂山荘で一泊

焼岳で道に間違えるという痛恨のミスを犯し、悔しさと大反省を胸に下山。
そして次は新穂高ロープウェイ利用で西穂山荘に向かいました。

西穂山荘に行くのはそう、以前、家族5人で来たときに丸山までしか行かなかったリベンジです。
今回は西穂高岳まで、とは言わないまでも、独標を超えてできればピラミッドピークまでと思っています。


さすが観光地、駐車場はバッチリ整備されてますね。
あ、ここは第2ロープウェイの鍋平駐車場です。
DSC_0573.jpg

さ、また行きますか。
DSC_0576.jpg

お、笠ヶ岳が…見えない…
DSC_0578.jpg

新穂高ロープウェイを下りたら、登山届けを出して、出発で~す。
DSC_0590.jpg
14:51 誤差が気になるマイGPSによると2180メートル

今度はこの標識があるから大丈夫 って、油断は禁物です!
DSC_0592.jpg

ここは2回目で、前回はラクショーと思ってたけど、こんな急坂もあったんですね。DSC_0599.jpg
15:25 マイGPSによると2246メートル

15:48 出発から小一時間で西穂山荘が見えてきました!DSC_0613.jpg
マイGPSによると標高2406メートル

すぐに売店に吸い寄せられるムスコA(小3の三男)
DSC_0625.jpg

この日は8人部屋に6人の相部屋でした。
ウチら親子のほかは熟年のご夫婦(だと思います)。
ムスコAはどこへ行っても、「エライねぇ」と声をかけられてましたが、

この後、ムスコAが西穂山荘の書庫でドラゴンボールを発見。
3冊ずつ借りては返しを繰り返し、消灯時間までず~っと読み倒してました。
DSC_0635.jpg


後日談になりますが、帰り道に「この2日間で何がイチバン楽しかった?」と聞いたら、

ドラゴンボール」と即答したムスコAでした…。

PageTop

2010/8/2 焼岳 GPS編


焼岳のトラックログをもとに、地図つきHPを作りました。
http://rasbora.web.fc2.com/20100802yakedake.htm
DSC_0490.jpg


こう見ると、どこで道を間違えたかが一目瞭然ですね…orz

あと、帰路の標高の誤差がハンパないっすね…orz

PageTop

2010/8/2 焼岳 ラスト

前回までのあらすじ
小3の三男ムスコAとふたりで焼岳西穂独標に行ってきました。
天気も快晴、視界も良好! …のハズが、まさかの道間違い!
北峰に向かっていたのに、どうやら南峰に向かってしまっていたようです…。

仕方がないのでしばし休憩してから、引き返すことに。

北峰の向こうに穂高連峰が。
DSC_0519.jpg
10:03(出発から3時間20分) マイGPSでは標高2432メートル。

雲で隠れているのは乗鞍でしょうか。
DSC_0521.jpg

戻らなければならないのですが、登ってきた道はそのまま下りるには危険すぎるだろうと判断し、南峰北峰の間の沢をトラバースして下りることにしました。

もちろん、そこは正規ルートではないので道らしき道もなく、ちょっと緊張しながら下りました。
そのため、その間の写真は無し。

下ること20分、標高にして-120メートル、やっと北峰への正規ルートに復帰!DSC_0522.jpg
10:32 標高2311メートル

正規ルートに戻ってみると、ちゃんとマル印がついてました…。
DSC_0526.jpg

行ってはいけない方には、ハッキリと「キケン ×」のマークが…。
DSC_0529.jpg
これを見落としていたとは…。大反省。


ここで改めて北峰にトライするか悩んだのですが、この後、下山して新穂高ロープウェイ利用で西穂山荘に行かなければならなかったこともあり、泣く泣く断念することに。

ムスコAにその旨を告げたら「ええよ~」と嬉しそう。

この後、少し軽石探しをして、
DSC_0539.jpg

けっこう軽い!
DSC_0541.jpg

帰りは一直線で帰ります。
DSC_0557.jpg
さらば焼岳。絶対また来ます!

悔しさと、大反省を胸に焼岳に別れを告げ、休憩なしの2時間で帰りました。
DSC_0571.jpg
12:28 マイGPSによると1920メートル。って、誤差300メートルかいっ!
 
              焼岳編は以上で終了。このあと、西穂独標編に続きます~。

PageTop

2010/8/2 焼岳 その2

前回のあらすじ
8月2日、3日に焼岳、西穂高独標に行ってきました。
まずは焼岳ですが、2時間かけて樹林帯を抜け森林限界へ!
DSC_0490.jpg

だんだんそれっぽい感じになってきました!
DSC_0494.jpg
8:46

あれ?また休憩?
DSC_0508.jpg
8:53 マイGPSによると標高2216㍍

あの噴煙めがけて行くぞ!
DSC_0509.jpg

この日はもうほんっとにいい天気。視界も、景色もサイコー。
こんな環境で、道を間違えるなんて、誰が思ったでしょうか…。




続きを読む

PageTop

2010/8/2 焼岳 その1

夏休み山登り、最初は焼岳編で~す。

メンバーはムスコA(小3の三男)とボクのふたりです。

コースは最も手軽な中ノ湯新道を選びました。

でも自宅からはちょっと遠いので、岐阜の実家で前泊し、それでも朝4時前に出発して、

登山口に着いたのが6時過ぎ、
DSC_0410.jpg
マイGPSでは標高1651㍍

いろんな本には「10台程度の駐車場」とありましたが、もっとゆとりがありました。
路肩に求めたらもっと停められますね。

おにぎりを食べたり、ゆっくり準備したりして、
DSC_0416.jpg

6:40ぐらいに出発しました。
DSC_0420.jpg

最初は樹林帯を延々登り、

8:00過ぎ、木々の間からちょっとだけ焼岳の姿が!
DSC_0462.jpg
マイGPSによると2072㍍

8:25 中ノ湯分岐
DSC_0470.jpg

ムスコ連れということもあり、すんごい時間がかかったと思ってましたが、1時間45分でしたねぇ。

所々に階段もありました。
DSC_0475.jpg


8:40 ついに樹林帯を抜けた!!
DSC_0490.jpg
マイGPSによると標高2163㍍。

それにしても焼岳って、岩でゴツゴツしてて無骨でかっこいい!

                    焼岳編 その2に続きます~。

PageTop

2010/8/2~3 焼岳、西穂独標

西穂山荘に泊まり、焼岳、西穂独標に行ってきました!

メンバーはムスコA(小3の三男)とボクのふたりです。
DSC_0721.jpg


焼岳と西穂独標といっても、縦走ではなく、ちょっと変則的なコースです。

1日目にまず中ノ湯新道で焼岳に登り、そのままいったん下山して新穂高ロープウェイへ。
   新穂高ロープウェイを使って西穂高口まで行き、西穂山荘で泊。
2日目に西穂独標を往復してロープウェイで下山、というコースです。

イメージとしては、別々の2つの山に登ったイメージでしょうか。

本当は、新穂高ロープウェイで独標に行き、焼岳まで縦走し、そのまま上高地か中ノ湯に下山、というコースをとりたかったのですが、山小屋は初めてというムスコAがいたこともあり、負担の少ないコース設定にしました。

が、ムスコAは「こんなんラクショー」と終始大口をたたき、西穂山荘では、21時の消灯時間ぎりぎりまでドラゴンボールを読み倒してました。1巻から、悟空が大きくなるまで読んでたってことは14~5巻ってことですよね…。
西穂山荘、ムスコAにとっては「日本一標高の高いマンガ喫茶」だったかも…。


詳細は次回からボチボチ更新していきます。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。